【cafe & bal Beato(ベアート)】チーズ好き必見、富山市でラクレット食べるならココ!女子会・デートにもおすすめ!

      2018/03/08

どうも、織田です。
すいません、嘘です。チャンでございます。

先日、火曜サプライズの「アポなしグルメ旅」を見ていたら、プロスケーターの織田信成さんが、東京のお店でラクレットを食べておられるのを見て、無性にベアートさんに行きたくなりました。

1年ほど前、相方Noriのオススメ店として連れて行ってもらったのが初めての訪問。
その際、ラクレットなる素敵な食べ物を覚えたチャン青年なのでした。

ということで、先日、ディナーでベアートさんにお邪魔してきたので書いてみます!

スポンサーリンク

cafe & bal Beato(ベアート)

外観(ベアート)

スイスの郷土料理「ラクレット」をいただける貴重なお店ベアートさんは、富山市根塚にあります。

蔵っぽい形状をしたお店は、どことなく異国情緒が漂います。

もともと、ラクレットチーズに加え、イタリアン中心のお店だったようですが、2017年6月からは、ベトナム料理も加わったと公式ブログに書いてありました。

ベアートさんのコンセプトは次のとおりです。公式ホームページより

様々なスタイルで楽しめる、
通いたくなるcafe&bal。

大切な人との記念日、お誕生日、二次会、お友達との集まりから、
特別な日ではないふつうの日にも。
毎日の暮らしに、幸せなひとときを。
Beatoはエスニックとイタリアン、
どちらも楽しめるこだわりのお店です。

たしかに、普段の食事はもちろん、大勢の友人で貸切をお願いして、ラクレットパーティー的なものを開催したら、めっちゃ楽しそう!

駐車場

駐車場

一部の写真ではありますが、こんな感じで駐車場があります。

お店の情報によると30台分、停められるそうです。

店内の様子

店内の様子

テーブル席(椅子)、テーブル席(ソファ)、小上がり席、カウンター席とバラエティーに富んだ店内は、暖色系の照明も相まって、とてもオシャレです!

小上がり席

こちらは小上がり席の一部。写っているのは4人がけのテーブルが2卓。

見切れていますが、写真の右側には6人座れるテーブル席もありました。そのテーブルでは、盛大な女子会が行われていました。

テーブル席(ソファ)

このソファ席、かなり雰囲気いいです!

ちなみに、壁際に少し写っていますが、ハンドメイドの小物(ピアス、イヤリング、ヘアアクセサリー等)の販売もされています。

カウンター席

こちらはカウンター席。各種お酒はもちろん、ノンアルコールカクテル、果実酢なんかも充実しているので、お酒が飲めない方も、みんなで楽しめそうです。

メニュー(※税抜表示です)

ディナータイム

お食事メニュー

お食事メニュー

フォーカスが甘くてすみません。気になる方は、拡大等してなんとかご覧ください。

こちらのお店の代表格は何と言っても、「Beatoのラクレットチーズ」!!
メニュー表にもあるとおり、専用のオーブンで溶かしたチーズをカリカリに焼いたパンの上にたっぷり溶かしかけてくれます。今回のお目当てだったので、もちろん注文しましたよ。詳細は後ほど!

あとは、ピザやパスタ、一品料理も程よく揃っているので、選ぶのが楽しいです。
個人的には、プーパッポンカリーのパスタが気になる…

お食事メニュー(黒板)

お食事メニュー(黒板)

黒板にはおすすめメニューや、メニュー表には載っていないものもあるので、要チェックです!

飲み物メニュー

飲み物メニュー

ランチタイム

ランチメニュー

ランチメニュー

この日のランチこんな感じ。ベトナム料理のフォーもあれば、タイ料理のグリーンカレー、和風パスタもあったみたいですね。

ちなみにランチプレートは、月替わりとのことです。

今回いただいたもの

マンゴーミルク(税別500円)・クランベリージュース(税別450円)

乾杯

日々、お疲れさん。
おしゃれなメイソンジャーでいただきます。

Beatoのラクレットチーズ(税別1,280円)
+ソーセージトッピング(税別200×2人前)

ラクレットチーズ(専用オーブン)

これが、専用のオーブンです!
上の部分が熱くなっていて、下部にセットされた巨大なラクレットチーズを溶かしています。ヘアアイロンの強力版といったイメージでしょうか

「どうぞ、よかったら写真を撮ってください。シャッターチャンスですよ。」と気さくな店員さん。

ラクレットチーズを溶かし入れる様子

それを店員さんが、カリカリのパン、温泉卵等が入った器に、溶かし入れてくれます。

ドドドドドォ〜!!

たっぷりかけてくれたので、幸福度急上昇!!

ちなみにラクレットっていうのは、フランス語で「削る」とか「引っかく」という意味らしいです。確かに温めたチーズを削るように流し入れてくれました。

ラクレットチーズとソーセージ

温かいうちに食べます!

たっぷりかかったチーズとともに、追加で注文したソーセージをいただきます。
チーズは全く癖がなく、ほんのり塩分が感じられる食べやすいタイプ。
ソーセージは、チョリソー系のほんのりピリ辛なものでした。本当、よく合います!!

ラクレットチーズとバケット

こちらはデフォルトのバケット。
温泉卵も付ついてくるので、一緒に絡めて食べれば、それはもう至極です。

来た甲斐ありました!

豚肉とエビの揚げ春巻(税別680円)

豚肉とエビの揚げ春巻

こちらはエスニック系のお料理でした。揚げられた春巻きをレタスで巻いて、スイートチリソースにつけていただくというもの。

豚肉とエビの揚げ春巻の断面

中には豚ひき肉が。あと、エビの香りもしっかりしました。ちょっと、ナンプラー系の香りもしたような気がします。

外はカリッカリに揚げられており、中はふっくら。おつまみ感覚でぺろっと無くなりました。おいしい!ただ、値段に対して、量がちょっと物足りなかったかなというのが個人的印象。

はまぐりと水菜の和風パスタ(税別1,000円)

はまぐりと水菜の和風パスタ

これは、間違いのない安定感ある美味しさでした。和風パスタええわ〜!

和風醤油のあっさりとしたお味にアサリの旨味が加わり、我々の食事の締めにちょうどいい感じでした。

はまぐりと水菜の和風パスタをいただく

全体にしっかりと味が染み渡っており、最後まで美味しくいただけましたよ。

メニューでも少し触れましたが、注文時には「プーパッポンカリー」仕立てのパスタが猛烈に気になりましたが、食事を終えたあとは、「今日の組み合わせ的には、春巻きでエスニック感も味わったことだし、和風パスタで正解だったな」と感じました。

次回、行くときは、他のメニューの組み合わせを変えて、プーパッポンカリーのパスタを試してみたいなと思っている次第です!

スポンサーリンク

さいごに

ラクレットチーズは見てるだけでも楽しいのに、食べてもすごく美味しくて癖になる一品。富山市で本格ラクレットがいただけるのは、とっても嬉しいことだと感じています。

店内の雰囲気がとてもよく、店員さんも丁寧に対応してくれます。ラクレットチーズを頼めば、ちょっとしたショーが見られるので、きっと会話も盛り上がるでしょう。

あと、最後にご紹介ですが、ベアートさんでは各種パーティープラン等も用意されています。

パーティープランのご案内

そして、別途、ケーキ等の準備も可能だそうです。

お祝い用のケーキ等の案内

誕生日や記念日をお祝いするにも、音響設備なんかも揃っているらしいので、アイディア次第では、いろいろとお手伝いしてもらえそうですね。

トータル素敵なお店でした!!

では、今回はこの辺りで失礼いたします。

cafe & bal Beato(ベアート)
富山県富山市根塚町3丁目1-4
〈TEL〉076-482-5523
〈営業時間〉
月・火・木 11:30〜22:00
金・土・祝前日 11:30〜23:00
〈定休日〉水曜
(※2018年1月24日現在の情報です)

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

 - エスニック, カフェ, 居酒屋・バー, 洋食 , , ,