【ラーメン大翔(たいしょう)】2017年12月、富山市古沢にオープン!五衛門イズムを継承するラーメン屋に早速行ってみた!

      2018/03/09

おはようございます。チャンです。

昨日(2017年12月13日)、雪がうっすり積もるなか、富山市古沢にラーメン大翔(たいしょう)さんがオープンされました。

午前11時にオープンとの告知だったので、ちょうど11時に伺ったところ、すでに4名の方が列を作っておられました。富山県民のラーメン熱はまだまだHOTです!

では早速ですが、記事にしてみますので、よろしければご覧ください!

スポンサーリンク

ラーメン大翔

外観(ラーメン大翔)

ラーメン大翔さんは、富山市古沢にあります。ファミリーパークの道沿いで、番屋のすしさんの隣にあります。

こちらのお店、実は、富山市安養寺にあるラーメン五衛門で長年修行された方が、独立され、めでたくオープンされたお店です。なので、味のテイストも似ておりました。詳細は後述します!

アクセス・駐車場

アクセス・進入経路

アクセス・進入経路

大通り(県道62号線)側からしか駐車場へアクセスできないのかと思いきや、裏の小さな道からも入れます。

ついでに営業時間にも触れておきますと、11:00〜14:30の昼の部を終えると、一旦、お休みされますが、夜は23:30までと比較的遅くまで営業されます。

仕事が遅くなったり、用事が長引いた際も、ある程度対応できそうですね!

【2018年3月9日追記】
オープン当初と営業時間・定休日に一部変更があったようなので追記します!
【火〜土】
11:00〜14:30(L.O. 14:00)
17:30〜23:30(L.O. 23:00)
【日・祝】
11:00〜14:30(L.O. 14:00)
17:30〜21:30(L.O. 21:00)
※定休日は月曜(月曜が祝日の場合は営業し、その翌日がお休み)



駐車場その1

お店の前には、約6台ほど駐車できるスペースがありました。

駐車場その2

こちらにも数台分停められそうなスペースがありました。

伺った日は雪がかなり積もっていましたが、雪がなければ、もっと停められたかもしれません。

店内の様子

カウンター席

白を基調とした店内は、清潔感があり、アットホームな印象。

カウンター席は、比較的ゆったり目に6席分の椅子が用意されていました。(頑張れば、もう1つ椅子を追加できそうな感じでしたね。)

小上がり席その1

カウンターの後ろには、小上がり席として4人がけのテーブルが3卓。うち1卓は、お祝いの花が置いてあったので、オープン後しばらくは座れないかもしれませんが、そのうち、開放されると思われます。

小上がり席その2

そのほか、6人がけのテーブルが2卓ありました。

メニュー

セットメニュー

セット

ラーメンメニュー

らーめん

ちなみに、ラーメンの味は醤油のみとなっていました。当面は醤油一本で行かれるみたいです。ただ、店主さんの修行元の五衛門さんは、醤油のほか、味噌、えび塩等がラインナップされているので、もしかしたら、そのうち新しい味が出てくるのかもしれません。

ご飯ものメニュー

ご飯もの

トッピングメニュー

トッピング

お酒メニュー

お酒

お酒・ソフトドリンク等メニュー

お酒・ソフトドリンク等

おつまみメニュー

おつまみ

今回いただいたメニュー

らーめん・半チャーハンセット(税込1,000円)

らーめん&半チャーハン

セットで注文しましたが、それぞれ別々に紹介いたします!

らーめん

らーめん

このルックスです。やや濃いめの色のスープに、たっぷりのチャーシュー、粗切りネギ、メンマがトッピングされていました。

先に店主さんが五衛門さんで修行された話を書きました。
以前、五衛門さんでラーメンをいただいた際の写真がスマホに残っていましたので、ここで、参考まで比較写真を載せてみます。

大翔と五衛門の比較

左が大翔、右が五衛門

どことなく、見た目からもテイストが似ている点がお分かりいただけるかと思います。実際、味も結構近いものがあるように感じました。ただ、大翔さんのスープの方が、やや澄んでいるようには見えますね。

では、大翔さんの写真に戻ります!

スープ

スープは鶏ガラベースの醤油味。濃いか薄いかで言えば、やや濃いめではありますが、醤油のカドは全くなく、すんなり入ってきます!

個人的な感想としては、富山の有名店「まるたかや」さんのラーメンのスープを少しまろやかにしたような味だなーと。

まるたかやさんのスープは豚骨ベースで、大翔さんは鶏ガラベースなので、材料には違いはありますが、味的には結構似ている印象を受けました。

まるたかやさんのスープも好きで、たまに食べに行くのですが、少し醤油のカドを感じ、ややしょっぱさを感じる瞬間に出会うことがあります。大翔さんのスープでは、そんな感じは受けず、個人的には好印象でした。

麺

麺は、中太ストレートといったところでしょうか。断面は四角の角麺となっていました。
食べ応えのある麺でしたね。

厚めのチャーシュー

こちらの持ち上げているチャーシューは、やや厚めのチャーシュー。ちょっと固そうな見た目かなーと思ったら、意外に柔らかくて驚きました。そして、すごく大きい!

でその下には薄切りのチャーシューがたっぷり入っていました。

薄切りチャーシュー

こんな感じですね。こちらはペラペラ。薄切りならではの「スープとの絡み」が楽しめました。なんとなく、この薄切りチャーシューにはブラックペッパーをかけて食べたくなったので、終盤にそのようにして、いただきました。(←富山のご当地ラーメン「大喜・富山ブラック」風。)

チャーシュー麺にしたわけではないのに、たっぷり、そして2種類のチャーシューが味わえ、幸福感に満たされたのでした。特に男子には嬉しいポイントです。

全体的に「男前!」って感じのラーメンでした。あくまで、私の印象ですので…。女性もいっぱい来店されてましたし。

美味しかったです!

半チャーハン

半チャーハン

チャーハンに使われている具材は、刻みチャーシュー、ねぎ、玉ねぎ、卵でした。横には福神漬けがトッピングされていました。

特徴的なのは、チャーシューですね。やや濃いめの味付けになっており、よく味わうと、コクがありました。多分ですけど、ラーメンに入っているチャーシューよりも濃いめの味を感じたので、チャーハン用に別途、味付けされているのかと思いました。もしくは、チャーシュー外側の味の濃い部分を中心的に使ってる?とかでしょうか。←違ったらゴメンナサイ。

単調になりがちなチャーハンに、いいアクセントとなっていました!

スポンサーリンク

さいごに

開店準備中に、「近日中にオープン」という張り紙をみて、とても気になっていました。

店主さんは、非常に人脈の豊かな方なのでしょう。開店後、一般のお客さんも多く来られていましたが、それに加えて、続々とお祝いの花などを持った友人らしき方等も大勢見かけました。お店の外の花輪もいっぱいあったし。

味もしっかりしていたし、立地的にも入りやすい場所なので、きっと繁盛されることと思います。

五衛門イズムが味の随所にみられますので、同店のファンの方は間違いないお店となりそうです。

また、お酒やおつまみもなかなか充実しており、居酒屋的な使い方もできそうなので、友人等を誘ってワイワイやるのにもオススメ!

これからの繁盛、そして新メニューにも期待しつつ、しばらくしたら、また行ってみたいと思います!

では、今回はこれにて失礼します。

ラーメン大翔
富山県富山市古沢410-1
〈TEL〉076-471-7175
〈営業時間〉
【火〜土】
11:00〜14:30(L.O. 14:00)
17:30〜23:30(L.O. 23:00)
【日・祝】
11:00〜14:30(L.O. 14:00)
17:30〜21:30(L.O. 21:00)
〈定休日〉月曜(月曜が祝日の場合は営業し、その翌日がお休み)
(※2018年3月9日現在の情報です。)※2017年12月14に記載していた内容から変更箇所(営業時間・定休日が変更)があったため、修正しました。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

 - ラーメン