【蕎麦処 樹樹(じゅじゅ)/富山市】ファミリーパーク近くの本格お蕎麦屋さんに吸い込まれた件

      2019/05/10

おはようございます。
チャン(@TSUTAERU_TOYAMA)です。
おとついのお昼、美容院で久しぶりにパーマをかけた後、油そばが食べたくなって、東老田にある麺家竜馬へと車を走らせていたところ、前から気になっていたおそば屋さんが「営業中」となっているではありませんか!!
・・・
ワタクシ吸い込まれてしまいました。(麺家竜馬さんはまたの機会に書きます!←10月20日に公開しました。

スポンサーリンク

蕎麦処 樹樹


ファミリーパークの近くにお店を構えておられます。以前から、お店の前を通りかかる度、気になっていたのですが、いつも営業時間外で行けていませんでした。こちらの樹樹(じゅじゅ)さん、11:15〜15:00のお昼の時間帯のみ営業されています。

先月も蕎麦が食べたい衝動にかられ、長野県で生粉打ち蕎麦を頂いてきたところでした。ここが名店なら・・・
いつでも行けて嬉しいです!

入り口ではタヌキ先輩が出迎えてくれます。そして、この日、私が入店しようとした時、外国の方5名ほどと日本の方3名ほどが上機嫌で出て行かれました。
OH MY GOODNESS“,”Great Food“,”This is JAPANESE FOOD!!“など、私にもわかるレベルの賛辞が飛び交っておりました。これは期待が高まります。

こちらはテーブル席の一部の様子。私が入店した時には埋まっていたのですが、帰り際に空いていたので、店員さんにお願いして撮らせてもらいました。
木の温もりが感じられる店内で開放感があります

私は1人でしたのでカウンター席へ。

メニュー


こちらのみとなります。そばにこだわっておられるからでしょう。潔いです。鴨(照り焼)ぶっかけそばも気になりましたが、初回ということもあり、定番の天ざるそばを注文。

そば粉


そば業界には詳しくないですが、メニューがそばオンリーなだけあってこだわっておられるようです。

ちなみに、現在は、福井の永平寺在来種を使用されているみたいです。
そしてお庭もいい感じですね。

天ざるそば(1,450円)


こちらです!見栄えがいいですね〜。抹茶塩までおしゃれです。
薬味にはわさび、ネギ、辛味大根が付いてきます。

で、肝心のおそば。わかりますでしょうか?田舎蕎麦です。はっきりとしたそばの色が残っています。

そばを一口いただくと、コシが強めで、つゆとの絡みがGOODです。蕎麦の香りが程よくして少し甘みがありました。
コンビニでざるそばを食べるときは、麺はあまり意識せず、つゆの美味しさを楽しむ感じになりますが、お蕎麦屋さんではつゆの美味しさもそうですが、蕎麦そのものの味を楽しめるのがいいですよね!

天ぷらは、エビ、ホタテ、しいたけ、にんじん、なす、さつまいも、ししとうの7種。エビは、よくある衣だけ大きい「詐欺」エビ天ではなく、しっかり大きなエビが出てきました。ぷりぷりで美味。そしてスーパーサブ・しいたけがみずみずしくて美味しかった。
聞くと、こちらの野菜は主に地元富山でとれたものらしいです。好感度UP!!

ホタテもジューシー、あつあつで美味い!

天ぷら→そば→天ぷら→そば・・・とご機嫌に箸を進め、終盤に差し掛かったころ、出てまいりました。蕎麦湯!
サラサラめな蕎麦湯となっていました。個人的にドロッドロの蕎麦湯はあんまり得意でないのでありがたや。

つゆに蕎麦湯をINして、いただきます。序盤で天ぷらをドボンしていたこともあり、いい感じで油も加わり、いい塩梅でした。締めにいいですね。

細かい気配り

非常に清潔でタオルが親切!

細かいですが感心した点。手洗い場の手拭きがめっちゃ親切!たまにお店によっては、1本のタオルが掛けてあって、「これは使えんやろ」と思ってしまうことがありますよね・・・
こういう細かい所にも接客のきめ細かさが感じられました。

スポンサーリンク

最後に

そばも天ぷらもおいしかったなー。近くに名店を見つけました。
これで長野まで行かなくて済むのでありがたいです。

そば単体だと700円で、天ざるそばだと1,450円。お値段だけ考えるととそば単体に走りそうですが、天ぷらが非常に美味しいので、初めての方は天ざるそばに行かれることをおすすめします

「今日はちょいとリッチなランチにしよう!」
「ほっこりと穏やかな気持ちで美味しいそばが食べたい」
そんな時におすすめのお店です!次回は鴨のやつも食べてみたいっす。

蕎麦処 樹樹
富山県富山市古沢302
TEL:076-482-3555
営業時間:11:15~15:00(無くなり次第終了)
定休日:水曜
(※2017年10月1日現在の情報です)
★「食べログ」で口コミをチェック★

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

 - そば・うどん