【2018年7月、富山市掛尾に移転】【麺屋やまひで 富山中市店】こだわりのまぜそばと貝出しラーメン!

      2019/05/10

あのラーメンが食べたい…。

noriは当ブログの管理人のチャン(@TSUTAERU_TOYAMA)を誘い平日真昼間、こちらのラーメン屋さんに行きました。

【2018年8月4日追記】
2018年7月24日、富山市掛尾284-3に移転オープンされました。本記事は、移転前の富山中市店の情報となります。移転後もメニューは引き継がれておりますので、ご参考まで。(文末にある営業時間等は掛尾店に更新済みです。)

麺屋やまひで 富山中市店

2016年2月にオープンされました。グリーンモール山室から富山市街側に真っすぐ行ったすぐのところにあります。
ここに来るのは3回目。noriには3回ともリピートしているラーメンがあります。
それよりも先に、まずは店内の紹介から。

店内の様子

こじんまりとした店内。カウンター6席、座敷2席(4人掛け)があります。
今回は割と空いていましたが、混んでいるときはなかなかの人口密度になります。待合室はないので、立って待つことになります。

メニュー

入口に入るとすぐに食券機があります。様々なまぜそば、ラーメンがありますね。
こちらのお店は台湾まぜそばがイチ押しです。いつだったか、テレビでも紹介されていました。(ミタイノ●レクションだったような)

チャンが以前注文した台湾まぜそば。美味しそう。

…申し訳ございません。noriは迷うことなく、イチ押しの台湾まぜそばでなく、貝出し中華そばをチョイス。そう、noriはこの貝出し中華そばを愛してやまないのです…!!

チャンは台湾まぜそばと同じく看板を飾る醤油まぜそばを選びました。

いただいたメニュー

貝出し中華そば  税込750円

この中華そばを初めて食べたときの衝撃は忘れられません…。本当に美味しいのです。(語彙力)
お味は、薄めの醤油に貝の出汁が溶け込んで、まろやか。口に入れるたび、貝の風味がいっぱいに広がります。
ちなみに、メニュー紹介時の写真にも載っていますがアサリとホタテを使用されているそうです。

スープはとっても澄んでいます。鶏清湯(鶏チンタン)というものは鶏が中心もしくは鶏オンリーのスープのことで、白湯(パイタン)と違って静かに炊いているためスープに濁りがないのだそうです。

もちもちとした中太麺。スープによく合っていて、すするのが止まりません。あぶってあるチャーシューもとても大きく、食べ応えがあります。メンマも太く、噛み応えがあって美味しいです。
とにかく、どこを取っても美味しいのです。

普段はしないのですが、完飲してしまいました。てへ。

醤油まぜそば 税込750円

台湾まぜそばと二大看板を務める醤油まぜそば
美味しそうです。とってもボリューミー。

それぞれの席に「美味しいまぜそばの食べ方」が掲示してあります。
これに従っていけば、美味しさ倍増間違いなしなのでしょう。ということで…

①よく混ぜてお召し上がりください。

スープはなく、底に仕込まれている特性醤油タレと魚介ダシを絡めて食べます。
混ぜたあとのものがこちら。

麺がダシや具材と絡んで光っています。一口もらったのですが、お味は醤油ベースで、どことなく山椒の香りもします。こってり濃いめで食べ応えがあります。美味しい。
半分くらい食べ進めたところで、そろそろ…

②お酢を加えるとさっぱりとした甘みが出ます。味変。

卓上には、このように味変アイテムが!

昆布酢なんですね。昆布酢は、「お酢特有のツンとした酸味がなく、まろやかなうまみが味を引き立てる」のだそうです。さっそくオススメの昆布酢を手に取り、回し入れます。そして混ぜ混ぜ。
すると、本当にまろやかに!そして、さっぱりと食べられます。こってり感が軽くなりました。先ほどと別の食べ物になったようです。

さて、麺や具材がなくなったところで…

③〆に追い飯!!

店員さんに「追い飯お願いします」というと、残ったタレの上にホカホカの少量のご飯を入れてくれます。

ちょっと汚い画ですみません…。

これをレンゲで混ぜて、ダシからすべて平らげます。
最後まで楽しめて、満足できる一品だなあと思いました。チャンは夢中で食べていました(笑)

スポンサーリンク

おわりに

麵屋やまひでさん、毎度のことながら素晴らしいラーメンでした。何回食べても飽きないし、ふとしたときに食べたくなります。noriはこの美味しさを知ってもらいたくて、周りの人にお勧めしています。
いつもは貝出し中華そばなので、今度は看板商品の台湾まぜそばを食べてみようかなと思います。

ごちそうさまでした!

麺屋 やまひで 富山中市店 → 掛尾店
富山県富山市中市2-228 → 掛尾284-3


【以下、掛尾店の情報です。】
TEL:076-461-6603
営業時間:平成30年12月1日から以下のとおりです。(水曜日定休です)

(※2017年10月26日現在の情報です)
(※2018年8月4日、店名・住所のみ更新しました。)
(※2018年12月9日、営業時間の情報のみ更新しました。)
★「食べログ」で口コミをチェック★

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

 - ラーメン